2012 Part 3 activity report / Nigeria

2012 Part 3 activity report / Nigeria http://141.txt-nifty.com/141/2012/02/mms-5aa9.htm

(2017年12月追記:これまで顕微鏡のデータ収集が不完全であったためマラリア専門機関への啓発に信ぴょう性が不足したため新たに顕微鏡の検査データ収集を行っています https://mmsjapansite.wordpress.com/2018/07/19/j/ )

Introduction

MMS is a miraculous malaria therapy : bleach ( is not a bleach! It is thesodium chloriteto be precise ) ingredients which are easily available for anyone cure malaria in a few hours without any side effects .Everyone can make a large quantity of MMS in the kitchen and that will make early extermination of malaria possible.And it will enable the escape from poverty promptly.
I am working for a Japanese NGO with the aim of extermination of hunger and poverty in the world.I learned the information about MMS in May 2008 and thought if this was true, this treatment would save and protect the many people suffering from malaria in the poor regions of the world, especially children and elderly people with little physical strength.I tested MMS in Bangladesh, India and Nigeria, which made me convinced of the validity of MMS as a treatment against malaria (as for other diseases, checking has not yet been done). I have tried to make it known in Japanese as Japanese is the only language I can use.But in Japan there is no malaria patients and few people are interested in this disease.
As I want to make this information known to the countries with many malaria patients in need of this information, I asked a friend of mine to translate my messages into English. I am happy if those who read this English message would give this information to the countries with many malarial patients in Asia and Africa.
Knowing that one bottle of MMS at hand is capable of curing more than two hundred people who are dying from malaria, I couldn’t bear to do nothing, so I have tried to disperse this information.
Though so many people know and use MMS in Japan, MMS is not yet known to the countries and people who suffer from malaria, for which this treatment was actually developed. I would like to call for your help to enable the people suffering from malaria to use MMS.What you can do right now is to copy & paste this information and send it to organizations in the countries with many malaria patients.I would like you to find out suitable organizations or activists in such regions and provide them with whatever information given in my sites or articles.You may use without my permission any testing data, pictures, videos, and articles given there. Your kind actions would be welcome to save no less than three billion people exposed to the danger of malaria in the world.
If you want to contact me, please use Japanese if possible.If you use English or other languages, please write simply, so that I can find out meaning by the help of a translator (machine).I am now seeking people who can work with me (people who have Japanese knowledge would be quite welcome).
Please propagate this good news to as many NGOs and people of the developing countries as possible. I appreciate your kind assistance.
Volunteer staff :Mutsuro ISHII

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

始めに

MMSとは 漂白剤が( 家庭用のではありません )どのタイプのマラリアも副作用や害もなく安全に しかも数時間で治療し 陰性に戻す驚きのマラリア療法です 台所で簡単に大量製造が誰でもできるので マラリアの多い地域への啓発で マラリアの撲滅が早期に可能なのです

 

1.6秒に1人 貧困が原因で世界では力のない子どもやお年寄りが特に亡くなっています

マラリアでは10数秒に1人  やはり 力のない子どもやお年寄りが亡くなっています

世界の貧困飢餓を終わらせるには マラリアの撲滅は急務とも言われています

アフリカだけでもマラリアにより年間1兆数千億円ものGDPの損失があると言われています

どうか みなさま この朗報を多くのNGOや活動家  途上国の人たちなどに伝えて下さい!

よろしくお願いいたします

石井睦郎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Contents
*Report of my activities so far
*Possibility and plan of a rapid extermination of malaria through MMS
*Side effects and harm of malaria drugs
*Possibility to overcome overwhelming shortage of doctors and health-care staff
*Possibility of early eradication of malarial mosquitoes
*Cost of eradication of malaria by means of MMS
*MMS is no menace to pharmaceutical companies

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ココに書かれてあります内容
*活動のご報告

*MMSによる早期のマラリア撲滅の可能性と計画

*マラリア薬の副作用と害

*圧倒的な医師や人員の不足を解消

*マラリア蚊の根絶の可能性

*MMSによる貧困解消のための早期マラリア撲滅のコスト

*MMSは製薬会社などの脅威とはならない

・・・・・・・・・・・・・・・

Report of my activities so far

The third place of my malaria-curing activity took place at Abuja in Nigeria, Africa. The purpose was not only to cure malaria but also to collect data such as blood tests, microscopic photography, microscope slide and any other clinical records in order to prove that MMS can make malaria turn negative even one day safely.

Once out there, we had more than 500 patients who had been infected by malaria and typhoid fever, too many for us to do blood tests in terms of time and money. However, I made medical check-up for as many patients as I could within allowed time framework, and it turned out that more than 95 % of patients became malaria-negative the following day.

Medical doctors and staffs were so surprised and interested doubly to know the fact that not only malaria but also typhoid fever which is usually cured after a few weeks’ medical treatment had both turned out to be negative the following day. I have brought these records to Japan and am very happy to submit the information to any researchers who study malaria and parasitology for them to check, research and prove how safely MMS can work. I would appreciate if these researchers could study other diseases besides parasite related diseases such as malaria.

The information about MMS can be available on the internet; however, there is few scientific evidence which proves the effectiveness of MMS. The discoverer of MMS,
Mr. Jim Humble, from U.S.A has announced to the world that medical treatment of malaria through MMS has been done to more than 75000 people in Africa, 97%of which were cured the following day.

My research mentioned above showed that what he said is true about malaria. Furthermore, it was proved that a few percentages of people who did not turn to be negative achieved drastically numerical reduction of malarial parasite. People who ingested MMS testified that nagging headache, feeling of fatigue, loss of appetite and over all bodily ache had disappeared within a few hours just like dreams. When a person suffers from malaria he/she ingests medicine for 3-4 days. Then a doctor diagnoses he/she turns negative, however, in normal cases the patient should still suffer from the malaria symptoms even for 1-2 weeks. But this time, people said that these symptoms disappeared within several tens of minutes. Some of them were so happy as to dance, since they can go back to their work again. There will be the time when the traditional “mosquito dance” would have a totally different meaning of joy in the near future.

・・・・・・・・・・・・・

The following is the address on internet where the dissertation about MMS by Mr. Thomas Lee Hesselink, MD is available.

http://bioredox.mysite.com/CLOXhtml/CLOXilus.htm
・・・・・・・・・・・・・
活動のご報告

第3回目のマラリア治療活動地はアフリカ・ナイジェリアのアブジャでした 今回の目的は治療だけではなく 明らかにMMSがマラリアに効果があり 安全に しかも1日で陰性に戻すことが出来るという事を証明できるように 血液検査と顕微鏡写真・ビデオ記録 スライドと検査記録・カルテなどの回収が主な目的でしたが 訪れたアフリカ・ナイジェリアでは数多くの マラリアや腸チフスの感染者が あまりに多く 治療者数も500名を超えるほどになりました すべての方の血液検査は資金的にも時間的にも行えませんでした それでも時間の許す限り 200名以上の方の検査をいたしましたが 陽性の方の95%以上が翌日には 陰性に戻っていました 今回はマラリアの治療と記録収集が目的でしたが 腸チフスも蔓延しているとのことで 同じ血液サンプルから その検査もいたしました 現地の医師や関係者の方々は マラリアが翌日には 陰性に戻っていることに驚いていましたが 腸チフスも陰性に戻っていることで2重の驚きと関心を持っていました 腸チフスはマラリアよりも通常は2~3週間と長い時間がかかり 治療されるものだからです これらの記録類は日本に持ち帰りましたので マラリアや寄生虫学などの研究をされている方々に MMSの検証と実験・研究をしていただきたく ご提供いたします また マラリアなどの寄生虫以外の病気に対する研究もお願いいたします2017年12月追記:これまで顕微鏡のデータ収集が不完全であったためマラリア専門機関への啓発に信ぴょう性が不足したため新たに顕微鏡の検査データ収集を行っています https://mmsjapan.sharepoint.com/Pages/FortPortal.aspx
MMSに関しましては 現在はインターネットであらゆる情報が入手できますが 科学的に検証されたものがありません MMSの発見者でありますアメリカ人 ジム・ハンブル氏(Jim Humble)は すでに アフリカでは75000人以上のマラリアの治療がMMSで行われ 97%以上が翌日には 回復したと世界に発表いたしました 今回の検証では 彼の言っていることが本当のことであると マラリアに関しては確認がとれました また 陰性に戻らなかった 数%の方の血液検査では 大幅にマラリア原虫が下がっている事が判りました その方々を含めて ほとんどのマラリア感染者が マラリアが発病した時に起こっている 強度の頭痛や倦怠感 食欲減退 体中の痛みなどが 数時間で消えてしまい まるで 夢のようだと証言しています これまで マラリアが発病すると 3~4日間 マラリア薬を飲んで 医師の診断で陰性に戻ったと言われても1~2週間は マラリアの兆候は残ったままで苦しいそうなのですが それが 数十分で消えてしまうことが夢のようだと話していました

陰性に戻らなかった数%の方は 2回目のMMSで陰性に戻りました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トーマス・ヘッセリンク医師のマラリアに関するMMSの論文です
http://bioredox.mysite.com/CLOXhtml/CLOXilus.htm
Thomas Lee Hesselink, MD
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

In Nigeria I have collected some data in the forms of blood tests, microscopic photography, microscope slide and any other clinical records so that I can prove that MMS can safely make patients from malaria-positive to malaria-negative in one day.These data can be available for any organization and people who are engaged in researching and combating malaria and poverty. Please feel free to use these data, records and reports.
今回のナイジェリアでは MMSがマラリアを 安全に1日で陰性に戻す事を証明できるように 顕微鏡の写真とビデオ記録の収集と 証拠の
ガラスのスライドとカルテなどを回収してきました これらのデータやビデオ記録などはマラリアの研究をされる方や団体・マラリアの撲滅・
貧困飢餓を終わらせるための活動をされています方々に ご提供できます   また この ご報告も含めて全ての記録やデータは どなたでも 無許可でご自由にお使い下さい  そして 多くのマラリアに関わる団体や個人の方々に伝え広めて下さい よろしくお願い致します(2017年12月追記:これまで顕微鏡のデータ収集が不完全であったためマラリア専門機関への啓発に信ぴょう性が不足したため新たに顕微鏡の検査データ収集を行っていますhttps://bit.ly/2LSjT80 )

 

Mary Paul I (female)

メリー・ポールさん 女性

ビデオです http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=nxK_FAkoQsw

 

I interviewed those who suffered from malaria and they said that they experienced that they could not get up for several weeks even after being cured by receiving medical treatment, or some of them could not work, nor make a normal life while suffering from nagging headache, feeling of fatigue, overall bodily ache, and loss of appetite.
People who cannot afford to buy malaria medication usually die unless their immunity can keep them alive. It is said that a victim of malaria dies every 30 seconds or 10 seconds over the world, mostly children and elders who do not have enough immunity, the number of whom amounts to several millions of people every year.
3.3 billion people in 109 countries over the world are exposed to malaria. There is a vicious cycle of poverty where family members takes care of patients in a family, who cannot afford to buy the medication, have no time for working, which make it difficult for them to get out of the poverty spiral.
It is said that more than 300million people now suffer from malaria and they live under severe conditions. It is also said that it takes 5.1 bill dollars every year to get malaria under control in every country where malaria is widespread by, for example, enhancing and improving health care system. MMS could drastically reduce the cost and time which have been needed to combat malaria, and could utilize most of them for other areas such as health & hygiene, education, agriculture, fishing industry in order for them to establish self-efficient economy.
今回のナイジェリア・アブジャでのマラリア治療活動は 前回のインドでの治療活動において 意識のない重症のマラリア患者も含めて MMSを飲んで30分前後でマラリアの兆候が消えて元気になる方々の様子をビデオと写真で記録したものの 血液検査での記録が不十分であったために マラリアや寄生虫学を研究されている方々への説得力のあるMMSの本格的な研究へむけての啓発が行えませんでしたので ナイジェリアでは検査データの収集が主な目的になりました インドでのマラリア患者に対するMMSの調合と投与 すぐにマラリアの兆候が消えて元気になる方々の記録映像を見て関心を示してくださった方々の中には マラリアや寄生虫などの研究をされておられる方々からも ご連絡があり 出来れば顕微鏡での検査データと そのスライドの回収などの ご要望がありました その内の1名の方は 来月3月にミャンマーにてMMSによるマラリアの検証行うとのことです このように これからMMSの研究が本格的に始まれば MMSの成分であります CLO2(二酸化塩素)が どのように体内でマラリアを治すのかや どのような働きをしているのかが判明してきますので 寄生虫以外の病気 ウィルスなどへの応用や効果なども同時に判明してきます
現在 ジム・ハンブル氏によりアフリカにおいてHIVやガンなどのウィルスレベルの病気へもMMSの効果があったと世界に発信され マラリア以外の病気に使用される一般の方々が世界中で増えて参りました しかし 実際に病気に使用されている方々の ご報告では ガンなどの病気は経過が良くなる方とあまり変化しない方がいます 経過が良くなっている方々が なぜ MMSで良くなるのかの研究が本格的になされれば CLO2がどのような働きをしているのかが判明して あまり効果がなかった方への 新たな応用・使用方法などが判明してきます そうすれば 途上国においてのHIVなどの病気への応用も可能になります MMSは マラリアの治療法として発見・研究開発されました そのマラリアからMMSの研究を始めさせることが 他の病気への研究に早くにつながります 今の段階では MMSをHIVやガンなどの研究から始めさせるのは難しいと思います
世界のマラリアの90%はアフリカにあると言われ インドの時のように数100キロも離れた村に2日かけて車で移動することなく ナイジェリア・アブジャでは中心街でも感染者は多く 車で30分も離れた村などでは 90%以上の方がマラリアに感染した経験が何度となくあり 今回の検査対象者(マラリアと思われる方)の80%以上の方が 血液検査ではマラリアポジティブと判明しました インドでは5000~6000万人のマラリア患者がいるとされていますが アフリカはそれをはるかに上回る患者数になります  マラリアに罹った方々に聴きこみをしましたが マラリア薬で治療しても数週間は起き上がれなかったり 仕事や生活が出来なかったり 食欲もなくなるほどの強い倦怠感と頭痛や体中の痛みがあるそうです マラリア薬を買えない方々は 自分の抵抗力で乗り切るか または亡くなります その数字は 世界で30秒に1人とも 10数秒に1人とも言われるほど 抵抗力のない子どもや高齢者などの方が特に 世界で毎年 数百万人もなくなっていることが証明しています
全世界で109カ国 33億人もの人々がマラリア感染の危険にさらされており 貧困が原因で マラリアの治療も受けられない方々を介護する家族も 働けなくなり 貧困の負の連鎖・循環は 貧困からの脱出を難しくしているのが現状です 世界では3億から数億人以上の方がマラリアに感染していると言われ 劣悪な状況下で生活をしています
マラリアに悩まされているすべての国で 医療制度を強化するなどの方法でマラリアを完全に制御するためには 2009年にはおよそ53億ドル(約 5600億円)が必要になり さらに 2010年には62億ドル(約6600億円) 2011-2020年には毎年51億ドル(約5400億円)が必要になると言われています
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年09月26日 06:30 発信地:ニューヨーク/米国

【9月26日 AFP】国連(UN)で25日 各国首脳らが参加する貧困撲滅に向けたハイレベル会合が開催され 全世界のマラリアによる死者を大幅に減らすため 約30億ドル(約3200億円)の資金を拠出することが決定された

マラリアに関する記事より http://www.arsvi.com/d/malaria.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Possibility and plan of a rapid extermination of malaria through MMS
Malaria drugs cost from 24yen per one treatment (twice a day for 4 days duration, one dose is two tablets: a tablet costs 1.5yen) to several hundred yen depending on a country and a region.
Converted to the currencies of developing countries, these costs sometimes correspond to the value of ten to thirty times as much as that in Japan.
It’s often the case that people without cash income and poor people can neither go to hospital nor buy drugs.But if they can, many people are compelled to walk a long distance crossing mountains to reach hospitals and drug stores.
And often it takes a half day or a day or two to reach the hospitals and drug stores, and many patients are not well enough to make such a long travel.
And some non malaria patients, believing to be one, buy malaria drugs and don’t benefit from it.
And many fake drugs are prevalent in the market.
Even though malaria drugs are given out without cost by the government or through the aid of other countries, the place of distribution is sometimes too far away for many people to reach.
The shortage of doctors is so grave that many people can’t get medical examinations or treatments.
Malaria drugs like other drugs can be provided only by hospitals and drug stores with license, thus channels of distribution are limited.Many people live in places where the drugs are not easily accessible.
The studies and experiments made it clear that chlorine dioxide, the ingredient of MMS, can be kept for a long time if it is hermetically sealed.Therefore you canadd MMS to juice, and this MMSjuice can be mass produced and carried to remote places in the mountains or villages where there are no hospitals or drug stores. Grocery stores can provide such drinks whereas drugs can be available only in hospitals or drug stores.
Any malaria patient can drink this MMS juice without being tested and diagnosed by doctors.There are four types of malaria, and according to the type medication is different. You have to choose suitable medicine for the specific type of malaria.But MMS can cure all the types of malaria, so time and cost for the medical procedure is saved.
And MMS has neither side effects nor harm as some malaria drugs have, and through MMS you recover quite rapidly. You need just several tens of minutes for taking MMS once or twice whereas you need some weeks when treated with traditional malaria drugs.
And MMS is effective against incurable types of malaria caused by malaria-drugs-resistant mosquitoes as well as common types of malaria.
You can take MMS without any problem, when you are not sure whether you are with malaria or not, and if the illness is caused by parasites and the like, they become negative after taking MMS.
If you suffer from other diseases than malaria, the condition will be better after taking MMS. So you don’t need to call a doctor.
Healthy people can also take MMS as preventive without harm or side effects.
So if you utilize these characteristics of MMS and spread MMS-added juice widely, early eradiation of malaria will be possible and many people will be able to begin to work again.

MMSによる早期のマラリア撲滅の可能性と計画
マラリア薬は国や地域により 1治療24円(1錠1.5円×2錠 1日2回 4日間 )~数百円など価格が違います  途上国の物価価値からするとそれらの金額は日本の10数倍から30倍などに等しい金額になる場合があります  現金収入の無い人々や貧困な人々は 病院に行くことも 薬を買うことも出来ない場合が多く たとえできたとしても 病院や薬局まで 山をいくつも超えたり 長い道のりを歩かなければならない人々も多いです 半日や1日・2日かかる方々も多く そこまでたどり着けない健康状態の方も多いです また マラリアかどうか判らないでマラリア薬を買ってしまい治らない方もいます また 偽薬が多く出まわっているのも現状です その国の政府や各国の支援があって マラリア薬を無料で配布されても 配布先までの道のりが遠く たどり着けない方も多いです 圧倒的な医師の不足もあり 診察や治療が受けられない方も多いです マラリア薬は薬品であり 病院や薬局などの取り扱う資格のある所で支給されるため 流通経路が限られていて すぐに薬を入手することができない場所に住んでいる方も多いです MMSのCLO2=二酸化塩素は密封した状態であれば長期間の保存が可能であることが実験・研究でわかっていますので MMSジュースとして量産し ジュース会社などの流通経路を使って 病院や薬局などがなく薬品が入手困難な 山の奥地や辺鄙な場所や村などの雑貨店でも入手することが可能です MMSジュースは 医師などによる どのタイプのマラリアなのか検査・診断する必要や時間も必要としなく どのマラリア薬なのかを選ぶ必要もありません また マラリア薬に伴う強い副作用や害もなく 数週間という長い治療時間もかからなく 1度か2度飲むだけで数十分という速さで回復します また 問題となっています マラリア薬に耐性を持っている手の施しようのないマラリアに対しても同じように効果があります MMSはマラリアかどうか判らずに飲んでも 問題はなく 寄生虫レベルであれば陰性に戻してしまいます 他の病気であっても状態が改善されますので 医師は必要としません 健康な方が飲んでも 病気の予防にもなり 害や副作用はありません MMSジュースの この流通の利点を活かせば マラリアの早期の撲滅は可能となり 多くの人が また 働けるようになります



Ramat Ablyhai (female)
ラマ・アブラヒさん 女性

 

ビデオです http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=WmnoxlktpQk

 

Side effects and harm of malaria drugs
Though malaria is cured by drugs, you may fall ill again, if you get a mosquito bite and infected with malaria.
Then the patients must take malaria drugs again, whose side effects are especially hard for children, older people and people with little physical strength.Among the side effects are urticarial, malaise, anorexia, headaches and body aches, and sometimes problems of kidney, pancreas, or lever occur.
In some regions and villages people are so often and repeatedly infected with malaria that they must take drugs all the time as is the case with painkiller.
If you think of the harm and side effects of the malaria drugs taken repetitiously, drinking MMS which has neither harm nor side effects on regular bases seems especially good for these regions.
マラリア薬の副作用と害
マラリアはマラリア薬で治療できても 蚊に刺されれば また 感染して発病してしまいます 体力のない方や子供・高齢者の方は マラリア薬をまた飲まなければならなく マラリア薬の副作用は 蕁麻疹や極度の倦怠感 食欲不振 頭痛や体の痛みが伴い ひどい場合は腎臓やすい臓 肝臓などの障害を起こすことがあります マラリアに感染することが多い地域や村では 感染を繰り返すことから マラリア薬は痛みを止める痛み止めの薬と変わらないものとなり 常に常飲しなければならない状態と変わらないものとなります これを繰り返すうちに起こる副作用と害を比較すると MMSの常飲は副作用と害が無いことから マラリアの感染を繰り返す村や地域では特にMMSは有効だと思われます



Salima Usman (female)

サリーマ・オスマンさん 女性

ビデオですhttp://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=I12mTMW49Dw

 

Overwhelming shortage of doctors and staff will be overcome
As I experienced when I visited villages with healthcare staff in India, a team of two or three staff including a driver can deal with quite a limited number of patients a day giving them health check and medication.
In some cases it takes more than half a day to reach a remote village.
Because of overwhelming shortage of doctors and staff, foreign aids, if given, might not work efficiently.
But MMS is very cheap and easy to blend, so anyone who can read can use it.
And even for the tribes without letters and the people of regions with poor literacy rate, MMS is easy to explain with words and practice.You don’t need doctors nor qualified staff in order to communicate and spread MMS.
If you utilize this merit, the shortage of doctors and health-care staff will be resolved and far greater number of people can overcome malaria with MMS and begin to work again.
When MMS juice becomes easily accessible by using channels of distribution of beverages, foods, groceries, even the patients who cannot read will get better just by drinking the juice.In developing countries mothers who cannot read sometimes make a mistake in giving medicine to their children, which sometimes results in fatal accidents.In case of MMS there is no such danger.

圧倒的な医師や人員の不足を解消
インドでも判りましたがヘルスケアの方々と村々を回っていて ドライバーを含む2~3名のスタッフが健康診断や薬の投与を行なっても 1日に見れる患者の方の数は限られてしまいます 遠い村まで半日以上かかる場合もあります このような医師や人員の圧倒的な不足の観点から 海外からの援助資金が投入されたとしても あまり効率良く その資金が働かない場合もあります MMSは非常にコストが安く とても簡単に調合ができるため 文字の読める方であれば誰でもすぐに使用することができます また 文字のない部族や識字率の低い地域の人々に対しては言葉と実践によって簡単に教えることができますので 医師などの資格が無い一般の人でも MMSを伝え広めることができます この利点を応用すれば 圧倒的な医師や人員の不足による問題は解消されて はるかに多くの人々がマラリアなどの克服が可能になり また働けるようになります

 

ジュース会社や食品・雑貨類などの流通経路を利用してMMSジュースを簡単に入手することが出来るようになれば 文字が読めない方でも飲むだけで治療することができ 母親が子供などに与える場合でも 文字が読めない事で起こる途上国での薬品の使用方法のミスによる 死亡に至るケースも多い事故をなくすことができます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MMS Juice
When we get MMS juice (with a bottle as one dose) on the market, combating malaria could be much easier in terms of simple and effortless access. People could get it wherever a small shop stands even in mountain sides and remote villages, whereas usually malaria medications are available only at hospitals and pharmacies. When drinking this MMS juice which work even against drug-resistant malaria, you do not need to check which type of malaria, nor receive any medical check-up, which means that MMS juice could be an effective solution for overwhelming shortage of medical doctors and staff as well as medical facilities and appliances. People no longer need to spend half day or a few days in reaching the place where medications are available. MMS juices are also effective in coping with patients in recurrent situations in malaria prevalent areas.
I would sincerely ask your cooperation in our efforts to provide them with MMS.
The name of MMS originally represents malaria solution which was meant to serve small children and elders unable to buy malaria medications due to poverty, who die every 10 seconds.
Even the cheap MMS for rich countries do not reach the hands of most necessity.
It would be an enormous shame and disgrace for wealthy countries to just stand indifferently and not to share MMS with most needy people

MMSジュース
このようにマラリア1治療分のMMS入りジュースを流通させることで マラリア薬などの薬品が病院や薬局などの限られた場所でしか入手できないのに対して 山奥や辺鄙な村にもある食品や雑貨などを扱うお店などでMMS入りジュースを飲むことが簡単にできるようになることで マラリアの撲滅を早めることが出来る このMMSのジュース化により 病院や薬局まで来れないマラリア患者が簡単にMMSジュースでマラリアを治療してしまうことで 医師の診断を受けて どのタイプのマラリアなのかを検査する時間と費用がかからず どのマラリア薬を必要とするのかを選ぶ必要もなく 耐性マラリアに対しても効果があることなどで 圧倒的に少ない医師や人員の不足を解消でき 設備や検査器具 いくつもの種類のマラリア薬にかかる費用を削減できます 何よりも これまで 病院や薬の手に入るところまで 半日や1~2日もかけて たどり着くことが出来 マラリアを治療しても また蚊に刺されれば発症してしまうマラリア多発地域に住むマラリア患者にとっては 重要な生存の問題であります



Abigail Labiq (female)

アビガイル・ラビジャさん 女性

ビデオですhttp://www.youtube.com/watch?v=-hs0EoIFsys&feature=player_embedded

 

In Nigeria I have collected some data in the forms of blood tests, microscopic photography, microscope slide and any other clinical records so that I can prove that MMS can safely make patients from malaria-positive to malaria-negative in one day.These data can be available for any organization and people who are engaged in researching and combating malaria and poverty. Please feel free to use these data, records and reports.

今回のナイジェリアでは MMSがマラリアを 安全に1日で陰性に戻す事を証明できるように 顕微鏡の写真とビデオ記録の収集と 証拠の
ガラスのスライドとカルテなどを回収してきました これらのデータやビデオ記録などはマラリアの研究をされる方や団体・マラリアの撲滅・
貧困飢餓を終わらせるための活動をされています方々に ご提供できます   また この ご報告も含めて全ての記録やデータは どなたでも 無許可でご自由にお使い下さい  そして 多くのマラリアに関わる団体や個人の方々に伝え広めて下さい よろしくお願い致します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Possibility of eradication of Malaria mosquitoes
It is still in a study phase, but theoretically mosquitoes with malaria parasite will become malaria-negative and become harmless the instant they suck the blood of a person who drank MMS juice.
(Due to the lack of funding there aren’t enough studies and experiments about it, though they are very important. Unfortunately I don’t have hundreds of thousands of yen for the study.Your kind donation would be mostly welcome.)
If mosquitoes can be made negative for malaria, malaria mosquitoes can be eradicated, and the money spent on mosquito prevention including distribution of expensive mosquito nets can be used for other purposes like better nourishment, education, development of agriculture etc

マラリア蚊の根絶の可能性

現在 研究段階ですが 理論的には MMSジュースを飲んだ方の血をマラリア原虫を持つ蚊が吸った場合 瞬間的に その蚊はマラリア陰性に戻り無害になります(この実験・研究はとても重要ですが資金がなくて進んでいません 数十万円というお金は今の私にはありません ご協力をお願いいたします) もし 蚊の陰性化が出来るのであれば マラリア蚊の撲滅も可能になり コストが高い蚊帳などの配布や妨蚊のための資金の1部分を別の栄養や教育・農業などの開発などにも使えると思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cost of eradication of malaria through MMS

CLO2 (chlorine dioxide), as an ingredient of MMS has neither side-effects, nor harm as far as we obey the certain instructions of usage. That has been proved by the fact that tens of thousands of people have been drinking MMS every day for more than a decade.

MMS is, actually, 22.4% sodium chlorite water dilute solution, which means that cost of a dose of curing malaria should be less than 0.1 yen when it is made in developing countries.

1: When we estimate the number of people who die of malaria over the world annually at 3 million, then, the cost of MMS should be less than three hundred of thousand yen

2: When we estimate the number of people who are infected with malaria at three hundred million, then, the cost of MMS should be less than thirty million yen.

3: Each developing country could produce MMS as juices in large quantities, not only to distribute them domestically but also to export them to other rich countries, whichwould help impoverished African to establish a self-sufficient system smoothly in providing MMS enough to cure malaria especially in those area where people suffer from it repeatedly.

4: By utilizing MMS as a very effective treatment for malaria, we could drastically cut the cost of traditional medication and medical equipment as well as the cost of labor of medical doctors and staffs who should be otherwise engaged in medical check-up, consulting and curing malaria. Simultaneously, we could also cut the huge budget of tens of billions of yen annually which is spent in research and development for s specific malaria medicine. Furthermore, the worldwide budget of hundreds of billions of yen which have been annually allotted in combating malaria could be utilized in other areas such as HIV, health and hygiene educational program, education for children and other training programs and agriculture.

5:Hundreds of millions of people who overcome malaria could work and contribute to overall national economy which would make the level of social welfare, health and education much better in a respective country.

MMSによる貧困解消のための早期マラリア撲滅のコスト

MMSの成分であります二酸化塩素(CLO2)は使用方法を誤らなければ飲用することが出来 副作用や害がありません それは この10数年間 世界で数万人もの方々が毎日常飲されていて証明されています

MMSの原料は亜塩素酸ナトリウムを22.4%に溶かしたものだけであるためマラリアの1治療のコストは途上国で製造した場合は0・1円以下になります

1 : 年間世界でマラリアで亡くなる方を300万人と想定して単純計算するとMMSの原価は30万円以下です

2 : 世界のマラリア感染者を3億人と想定して単純計算するとMMSの原価は3000万円以下です

3 : 途上国各国においてMMSをジュースとして量産・流通販売した場合はマラリアの無い裕福な国への輸出も含めて十分に

マラリアの治療にかかるコストを自給出来る体制が速やかに築く事ができ 感染を繰り返すマラリアの多い地域での再治

療のコストも十分に補える

4 : MMSのマラリアの治療では マラリア検査・診断と治療のための医師や人員の経費 設備や器具 薬品などのコストを削

減出来  マラリアの特効薬の研究開発のために費やされる年間何百億円もの研究費も削減できるため 年間毎にかか

っている数千億円ものマラリアの撲滅に向けた世界予算を他のHIVや衛生・保健 子供の教育や人材育成 農業などの

自給できるための開発など多くの事に運用できます

5 : マラリアなどによって働けなくなった何億という人々が働けるようになることで その国の生産高を高め その国や地域の

保健や福祉 教育などの充実が満たされるようになる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MMS could not be a menace to pharmaceutical companies

We have not yet developed the effective and efficient medicine for malaria, since malaria can easily develop resistance against medicines.
Artesunate(=artemisinin)which had been considered to be effective against resistance-developed malaria has not worked these years due to the appearance of more powerful resistant malaria. Although Artemisinin-based combination therapies such as artequin(combination of mefloquine and artesunate)has produced good results, yet, mosquitoes who build up resistance against this treatment are also appearing .
MMS, against which malaria cannot develop resistance, can be utilized to make combined medicine by which pharmaceutical companies would make profit in combating not only malaria but also any other diseases. This would allow those companies to invest more in research and development for malaria medication. We have already received a report that better result could be obtained in curing some diseases except malaria, by taking a traditional medicine together with MMS with time interval.

MMSは製薬会社などの脅威とはならない

マラリアはマラリア薬に耐性を持ってしまう事でいまだに特効薬がありませんでした 耐性マラリアに効果があるとされ特効薬と思われていましたアーテスネート(アーテミシニン)もここ数年で耐性を持つマラリアが出てきましたが アルテキン(Artequin=メフロキンとアーテスネートの複合剤)などアーテミシニンがベースの他のマラリア薬との組み合わせの ACT治療 は効果をあげています このようにMMSも複合剤として使用されればマラリア以外の薬品にも複合できますので製薬会社にとってもMMSの研究開発につながります これまでマラリア以外の病気にMMSを使用されている方々からは 処方される薬とMMSの両方を時間を開けて使用した場合のほうが検査値の経過が良くなったとのご報告もいくつか入っています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

In Nigeria I have collected some data in the forms of blood tests, microscopic photography, microscope slide and any other clinical records so that I can prove that MMS can safely make patients from malaria-positive to malaria-negative in one day.These data can be available for any organization and people who are engaged in researching and combating malaria and poverty. Please feel free to use these data, records and reports.
今回のナイジェリアでは MMSがマラリアを 安全に1日で陰性に戻す事を証明できるように 顕微鏡の写真とビデオ記録の収集と 証拠のガラスのスライドとカルテなどを回収してきました これらのデータやビデオ記録などはマラリアの研究をされる方や団体・マラリアの撲滅・貧困飢餓を終わらせるための活動をされています方々にご提供できます また このご報告も含めて全ての記録やデータは どなたでも 無許可でご自由にお使い下さい  そして 多くのマラリアに関わる団体や個人の方々に伝え広めて下さい よろしくお願い致します



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Table of contents of site
https://mmsjapan.sharepoint.com/Pages/tableofcontents.aspx

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Until Japan Brought back slides

日本に持ち帰ったスライド

 

Medical records brought back

持ち帰ったカルテ

2426

Malaria test kits brought back

持ち帰ったマラリア検査キット

Malaria drugs brought back

持ち帰ったマラリア薬

前回の治療活動で持ち帰ったインドのマラリア薬

Artesunate

アーテスネート

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1/18 Is a departure in Abuja

1月18日 アブジャに いよいよ出発です

Luggage became about 50 kilograms in the total amount of
荷物は2つにまとめたのですが 急遽1つ増えることになり 機材など
含めて総合計で50キロくらいになりました ふ~~運べるかな?

Luggage carry on like this

こんな感じで 運びました

013_2

Heathrow bound for Narita 11: 10 shots
Did one night in London
成田11:10発のヒースーロ空港行きに乗り そのあとアブジャ行きに乗り換えるのですが ロンドンまで12時間くらいかかるらしいので ロンドンで1泊することにしました

 

Lampton Guest House
ロンドンに到着して地下鉄でハンスローセントラル駅近くのランプトン・ゲストハウスに泊まりました 朝食付き個室で4000円くらいでした ロンドンは始めてで 地下鉄もそうなんですが 家とか作りが小さくコンパクトでかわいいな~と思いました 最初に感じたことは まるで おとぎの国 ディズニーランドみたいって感じました 白人社会って始めてなので 回りすべてが外人ばかりで 女性は お人形さんみたいにキレイな方ばかり 意外と小柄な人が多いいと思いました

The next day headed for Abuja from Heathrow

翌日 ヒースーローからアブジャに向かいました
おとぎの国のような ロンドン・ハンスローさようなら

 

Arrived at Abuja

いよいよ アブジャ到着です

さ~て 世界の飢餓貧困を1日も早くに終わらせるためにマラリアの撲滅活動を開始します アブジャの空港は 昔のバングラディシュ・ダッカ空港みたいに小ぢんまりしていて いい雰囲気でした 出迎えてくださったのは 今回 共に活動する NGO代表のダーリントンさん です [ MMS-JAPAN Mr ISI ] と 書いた紙を持って待っていて下さいました  車で1時間くらいのアブジャ市内のキリスト教会に今回はお世話になります 教会で寝泊まりするなんて 静粛な気持ちになってしまいました しかし 見渡す限り 黒人の方ばかりで ロンドンの白人社会とは まるでふいんきがちがいます こちらは パワフルでエネルギッシュです

 

Procure what you need
I went to the big market

活動で必要なものを調達しに 大きなマーケットに行きました

063

Coworkers
Mr Darlington
ダーリントンさんと

 

On the very day, I could have a meeting for our plan and schedule with Mr. Darlington, receiving translation service by Mrs Takako, a Japanese housewife who had stayed there for 17 years. Mr. Darlington, beforehand, understood MMS well enough to do service activities by himself, so that I could concentrate on collecting data and making records with cameras. With check-up kits for malaria which had been sent in advance, we made medical check for people in the church before giving MMS.

The patients in serious condition who were healed by MMS confessed with smile that they did not suffer from usual symptoms after being cured and side effect of malaria medicines such as a few weeks’ traits of non-appetite and fatigue. The rumor about MMS was spreading not only around the church but also in the neighbor.

Mrs.Takako told me that she hesitatively gave malaria medication to her own child, because she had no choice since malaria could even rob his child’s life. She felt sorry for her child who developed nettle rash as side-effect of the medicine.
その日のうちに アブジャ滞在17年の日本人主婦 タカコさんに通訳していただき ダーリントンさんとの行動予定をミーティングいたしました 彼は事前に MMSを理解していましたので 私はカメラで記録するだけで すむようになりました 先に送っておいたマラリア検査キットで教会の方たちの検査をして MMSを与えました  滞在中にマラリアの兆候が重く発症した方々にMMSを与えましたが ほとんどの方がマラリア薬では治っても1~2週間以上マラリアの兆候と薬の副作用が続いて働くことも食欲もなくなるのにMMSでは すぐにそれらが消えてしまうと 笑顔で話していました この教会だけでなく この近所の方々にも噂は広まっていました タカコさんもお子様がマラリアにかかり発症した時にマラリア薬を与えることに抵抗を感じていたそうです 命に関わるので薬を飲ませなければならないが 蕁麻疹などの副作用が出てかわいそうだったと言われていました

In the Church stay ahead of malaria test

The next day also made inspection

翌日も検査をしました

 

Now the point of focus in three-day-activities was determined. That was a village named Karsi, one hour drive away.
Mr.Darlington , Mr.Giftoo, Mr. Ido and I were the members to work together.Almost 80% of people there were malaria-positive. They first received blood tests and their names and ages were recorded before being given MMS. We checked them both with malaria kits and microscope tests. We made again medical check-ups the following days and more than 95% of people became negative. Diarrhea caused by MMS was experienced by 10% of patients, among whom 10% was very severe. However, the following day, even those symptoms subsided、they said.
Microscope lab showed that more than 90% of people were positive about malaria as well as typhoid fever. Here in a village named Abuja, they said that malaria, typhoid fever and HIV are prevalent, but we did not check HIV. Unlike parasite-related malaria, virus-related diseases such as HIV and cancer are not perfectly cured through MMS, but only several dozens percentage of them are healed. In order to make it clear quickly how MMS can work against virus-related ones, it is necessary to launch the research of MMS against malaria. Since MMS is obviously effective to malaria, it would be a shortcut to start with malaria, not with cancer and HIV of which data has not been collected enough.
さて 活動地が決まり車で1時間のカルシという村で3日間活動です
ダーリントンさんとギフトゥーさん イドーさんと私の4人で活動しました
ここもマラリア感染者が多く マラリアと思われる方の80%ちかくの方がマラリアポジティブでした 初めに血液検査をして名前や年齢などを記録してMMSを与えました マラリアキットと顕微鏡検査の両方で調べました 翌日に再び検査をして反応を見ましたが95%以上の方がマラリアネガティブと出ました MMSによる下痢は1割くらいの方が普通の下痢になり その内の10%の方が水様便になったそうです しかし 翌日にはそれも治まったそうです 顕微鏡のラボではマラリアと共に腸チフスも調べたそうですがこちらも90%以上の方がネガティブと反応が出ました ここアブジャの村々では腸チフスとマラリア そしてHIVも多いそうですがHIVの検査はしていません HIVやガンなどのウィルスレベルのMMSの効果は数十%と 寄生虫レベルのように完全ではありません いかに早くMMS を研究させてウィルスレベルの病気への効果の解明をさせるには マラリアに対してのMMSの研究を本格的に始めさせることが必要です 今の段階でMMSをガンやHIVなどの病気の研究から始めさせるのは難しいので 明らかに効果のあるマラリアからのMMSの研究を始めさせることが近道だと思います

Video 1

ビデオNO1

Heavy malaria symptoms Mr. Tanko

Gave the 30 drops of MMS
Malaria in the third day of testing negative reacted
Check the microscopeマラリア症状の重いタンコさんは検査場まで来れませんでしたので訪問して検査しました すぐにマラリアのポジティブ反応が出ましたので30滴のMMSを与えました 3日目の検査ではネガティブと反応しました 顕微鏡でもかなり低くなっていることが判りました

I see タンコ smile was recovering the next day
I see Tanko smile was recovering the next day
翌日にはタンコさんは笑顔になるほど回復していました

_0196

Reacted negatively in the third day of testing
3日目の検査ではネガティブと反応しました

_0197

Video2(Reacted negatively in the third day of testing)
ビデオNO2(マラリア症状のタンコさんは翌日にはネガティブと反応しました)

Video3 Malaria-positive villagers on MMS

ビデオNO3

Is a departure to the village

カルシ村へ出発です

MMS malaria treatment activity
いよいよ 活動です

Meeting with the Mayor of the village

Make many MMS at a time
This cap is approximately 105 drops
1度に多くの方のMMSを作るのにキャップを使いました
このキャップですと 約105滴 計れることが判りました

 

かわいい子供たちと

 

Video4(Make as many at a time)

ビデオNO4(数名分のMMSを1度に作る方法)

 

Activities continue

Even at night

夜になってもMMSをひたすら作り続けて村人に与えました


 

今回 カルシ村では3日間活動をしました

計画では マラリアキットで検査した後 陽性反応の出た方に MMSを15滴 1~2時間後に15滴という ジム・ハンブルさんが アフリカで使用した方法で 計2回 30滴のMMSの使用を行う予定でしたが 仕事がある人や 遠い村から来ているために帰らなければならない方々や 2度目に飲まなければならないことを理解していなかった方々などがいて 1回しか飲めなかった方が多かったので 2日目には15滴×2回だけではなく 1回だけ22~45滴を1度に与える方もいました 本来ならば それらの滴数の違いによる効果の検査を分析したかったのですが その場合1ヶ所の村に1週間は最低でもとどまらなければならないこともあり 今回はスケジュール上出来ませんでした また 検査対象外の村人へのMMSでのケアもあり 人命優先の立場から多くの方々にMMSを与える作業で時間がありませんでした  日本において二酸化塩素濃度計測器による検査で(下記URL) お砂糖水で起動したMMSを割ると CLO2=二酸化塩素濃度が3分の1に減少してしまうことがわかっていたこと 同じ15滴のMMSでも 15滴で起動させたものと 30滴で起動させてコップ半分づつに分けた15滴分のCLO2=二酸化塩素では濃度が違い MMSの滴数が多ければ多いほどCLO2=二酸化塩素の濃度は短い秒数で早く CLO2=二酸化塩素を生成するので濃度が等しく生成されるのではないことがわかっていたこともあり 22滴相当分のMMSを与えた方もいました この場合105~110滴相当が1度に計れるペットボトルの青いキャップ口を使用して5人分のMMSを1度に作る方法を使用しましたので5杯に分けても22滴で1杯づつ起動させたよりも濃度の濃いMMSになるために 砂糖水で割ってもある程度二酸化塩素が保たれていると予測しました また 同じやり方で1度に数名分の15滴相当のMMSを作り与えることもいたしました 結果は検査対象者(マラリア・ポジティブ)50名のうち MMSを飲む前の検査と飲んだ後の検査ができた方29名 (他の21名の方は2度目の検査に来れなかった)のうち27名の方が陰性に戻っていて 残りの2名の方も2回目のMMSで陰性に戻っていました

 

前回のインドでの2ヶ所目の治療地では気温が低かったことや砂糖の内容物(ビタミンCが入っているものが売られていたため)に問題があったのかなどで 回復はするものの検査ではいい結果が得られませんでした これはMMSの起動時間や気温などが作用して二酸化塩素濃度に問題があったのではないかと 今回のカルシ村では思いました このカルシ村も含めて他の治療地でも気温が高いためにMMSの起動秒数が2~5秒で濃い黄色からオレンジ色になる場合があるために下記のビデオNO8にもあるように濃度が2倍以上にもなることがありますので偶然にも今回15滴を2回計30滴のMMSを1時間置いて飲ませることが出来なかったにもかかわらず陰性に戻せたのかと思われます マラリアポジティブの方々は陰性に戻ろうが戻るまいが判らなくとも同じように体が楽になった もう1杯飲みたい と言う方が多かったです 私の推測によりますと血液内のマラリア原虫はMMSにより殺菌されて検査で陰性反応が出ても 再びマラリア蚊に刺されればマラリアになってしまうこと以外に 長い年月の間マラリアを持っていて抵抗もできている方々の場合 脊髄や他の骨や臓器などにマラリア原虫が残っており 完全なマラリア原虫の殺菌がマラリア薬でも行えないのでMMSを常用することで全体内の殺菌が可能であること マラリア薬では常用は各臓器への副作用が強く不可能なこと  マラリアの陰性化にこだわる必要は無いのではないか あの 元気になって中には飛び跳ねたり小躍りして見せて マラリアの兆候が嘘のように消えて体が楽になったと喜ぶ人たちを見ていると 生活や働くことが出来るようになることが重要ではないかと思いました マラリアの多い地域に住む限り マラリアは治療しても 蚊に また 刺されればマラリアになる可能性があるのだから 副作用が強く 1~2週間以上と長い時間のかかるマラリア薬よりは MMSにより すぐに楽になる事のほうが ここの人々にとっては必要ではないかと感じました MMSで こんなにも 短時間で体が楽になり回復して喜ぶ人々を私は日本で見たことがありません 最もMMSを必要とする彼らにはMMSを自由に入手する事も飲む事も なかなか出来ません

 



どうか お願いです 日本のみなさま

かれらにMMSを 与えられるように ご協力をお願いいたします

MMSは最初の名前が マラリア・ソリューション と言われるように

貧困が原因でマラリア薬も買えないで 世界で10数秒に1人マラリアで

亡くなる 特に小さな子供やお年寄りの方々を助けるために開発された

ものです 私達裕福な国の人々が安価で買えるMMSは 最も必要と

している彼らには手の届かないものになっています

なんて恐ろしいことでしょうか私達は彼らのマラリア・ソリューションを

使用しているにもかかわらず 彼らのために何もしていません

これは 霊的に見ても大変恐ろしいことです



私はMMSの収益をすべて公開して活動費に運用しています
それにより少しでも多くの人達に貧困で苦しむ人々に目を向けて
いただきたいと願っています



MMS支援金報告(ミクシーのMMSのコミュニティです)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=50039565&comment_count=37&comm_id=3431769

***************************************************

News!

MMS / Citric acid is OK at least /

Concentration measurement of chlorine dioxide

 

CLO2二酸化塩素濃度計測 / 10滴のMMSと3滴の50%濃度クエン酸水

FROM : https://www.facebook.com/notes/%E7%9F%B3%E4%BA%95-%E7%9D%A6%E9%83%8E/n-1mms-citric-acid-is-ok-at-least-concentration-measurement-of-chlorine-dioxide/10151457591961852#!/notes/%E7%9F%B3%E4%BA%95-%E7%9D%A6%E9%83%8E/n-1mms-citric-acid-is-ok-at-least-concentration-measurement-of-chlorine-dioxide/10151457591961852

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Is there a measurement report to the fourth comment
4番目のコメントに測定報告はあります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Should I see from Facebook is easy to read this article
There is a video and commentary here

The amount of citric acid solution can be less

No problems

This
I will be also easy to drink large amounts of MMS

*この記事はMMSに同量でないクエン酸水を入れて起動した場合に

問題がないということが判り そのビデオも載せています

それにより これまで滴数が多いと飲みづらかったことが緩和されます

Best regards

From Muturou Isii

I’m sorry

I am talking on the machine translation

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*Measurement results of the past*

*過去の計測結果*

*Measurement for the first time*

*第1回目の測定*

*MMS10 drop + Mixture of 50% aqueous citric acid 10 drops =Concentration of chlorine dioxide of 4.6 mg*

*4.6ミリグラムの二酸化塩素の濃度*
*Measurement of the second round*

*第2回目の測定*

*MMS10 drop + Mixture of 50% aqueous citric acid 10 drops =Concentration of chlorine dioxide of 5.3 mg*

*5.3ミリグラムの二酸化塩素の濃度*
I did the same measurement several times in addition to this

*この他にも数回同じ測定をしました*

[Variation of the measured values from each subtle error]

*[ 測定値のばらつきは微妙な各誤差から ]*

There is a difference between the very small amount of MMS

*MMSのとても小さな量の差があります*

There is a difference between the very small amount of citric acid water

*クエン酸水のとても小さな量の差があります*

(When mixed) There is also a small difference in the number of seconds

*秒数の小さな差もあります(混合の時)*

There is also a small difference between the temperature and humidity of the cup

*コップの温度と湿度の小さな差もあります*

There is also a small difference between the temperature and humidity in the room

*室内の温度と湿度の小さな差もあります*

There is a difference between the very small amount of reagent for measuring four

*4種類の測定試薬のとても小さな量の差があります*

There is a difference between the very small amount of each test solution

*各検査液のとても小さな量の差があります*
*Always*Weight of one drop*Amount of MMS is not constant

*常に*一滴の量*MMSの量は一定ではありません*

The state of the full tank to bottle (1 small drop)

*ボトルに満タンの状態(小さな一滴)*

The state of less than half a bottle (1 big drop)

*ボトルに半分以下の状態(大きな一滴)*

Bottle the state of the 45 ° diagonal

*ボトルが45度斜めの状態**

Bottle upright position (Amount will be many)

*ボトルが垂直の状態(量が多くなります)*

These at the time of the state of the amount of half the bottle

*これらはボトルに半分くらいの分量の状態の時には*

Amount of a drop will be more

*1滴の分量が多くなります

Other causes

*その他の原因

*I do not like citric acid

私はクエン酸が嫌いです

*So it is always small amount

*だからいつも少ない量です*

Still there was no problem

*それでも問題はありませんでした*

I have the concentration measurement of chlorine dioxide

*二酸化塩素の濃度計測をしました*
MMS10 drop

*MMS10滴*

50% citric acid water 3 drops

*50%クエン酸水3滴*

The first time about 20 seconds

1回目は約20秒*

Concentration of 1.8 mg

*濃度は1.8ミリグラム*

Second time about 40 seconds

*2回目は約40秒*

There were 8.6 milligrams concentration

*濃度は8.6ミリグラムありました*

Concentration goes up several times in the difference of 20 seconds

*20秒の差で濃度が数倍も上がります*

It is easy to drink even at a concentration of about 2 times the normal*

*通常の約2倍の濃度でも飲みやすいです*

FROM : https://www.facebook.com/notes/%E7%9F%B3%E4%BA%95-%E7%9D%A6%E9%83%8E/n-1mms-citric-acid-is-ok-at-least-concentration-measurement-of-chlorine-dioxide/10151457591961852#!/notes/%E7%9F%B3%E4%BA%95-%E7%9D%A6%E9%83%8E/n-1mms-citric-acid-is-ok-at-least-concentration-measurement-of-chlorine-dioxide/10151457591961852

***************************************************
ビデオNO5

同じ10滴でも毎回 二酸化塩素の濃度が違う
(7分15秒~と8分05秒~から)
起動する秒数や温度 滴数の量にもより濃度は等しくならない


ビデオNO6
同じ15滴でも毎回 二酸化塩素の濃度が違う
(7分31秒~9分45秒あたりから)



ビデオNO7
同じ15滴でも 10%クエン酸濃度では二酸化塩素濃も違う
(4分30秒あたり~ : 初期の起動方法10%濃度クエン酸水で3分起動と現在主流の50%濃度クエン酸水20~40秒起動では1・5倍~2倍以上も濃度が違います 目安は黄色い色の度合いを目で確認するしかありません )

10%濃度クエン酸水3分起動の色

1128

 

50%濃度クエン酸水15滴入れ終わるまでにこのような色です

1129

50%濃度クエン酸水起動20秒後

1130

このようにナイジェリアでは気温が高いので15滴のMMSを入れてクエン酸水を15滴入れている間に濃い黄色に変わるくらい二酸化塩素の濃度が 10%3分起動よりも多くなっています それに20秒の起動秒数が経ちますと 茶色のようなかなり濃い二酸化塩素濃度になっています


ビデオNO16

ナイジェリアにて 10%と50%濃度クエン酸水起動の違い
(ジムさんの過去アフリカでの10%起動の再現)

 

ビデオNO8
同じ15滴でも 起動秒数が違うと濃度が2倍以上にもなる
(5分30秒あたりから)



ビデオNO9
MMS15滴と砂糖水との二酸化塩素濃度実験


ビデオNO10
同30滴の場合



ビデオNO11
同45滴の場合



2番目の治療地 [ パペ村 ]
このパペ村では5日間活動しました
男性は働きに出てしまうので 明け方に村に着きました

446

このパペ村では いつものダーリントンさん(男性)とギフトゥーさん(女性) の他顕微鏡のラボの技師アイザヤさん(男性)と地域の病院の看護婦長のハイジャさん(女性)と私の5人で活動しました

452

なんか小さくないかな~ このテーブル ハハハハハ

455

すぐに村人が集まって来ました

459

ラボの技師 アイザヤさん

看護婦長のハイジャさん

473

 

ビデオNO12
パピ村での血液検査

ビデオNO13

パピ村での検査

ビデオNO14

10人分のMMSを1度で作る方法

この日50名の血液検査が終了してアイザヤさんのラボへ

579

このようなラボ(血液を検査して病気を診断してもらう所が村々にあるようです検査料は200~300ナイラ=100~150円)で具合の悪い方は検査をします 多いのはマラリアと腸チフスそしてHIVだそうです 早くHIVに効果が出るようにMMSのマラリアの本格的な研究を始めさせなくてはと思いました

同時に腸チフスの検査も行いました

真剣な表情のアイザヤさん
顔の傷は部族の印で 子供の頃に入れるそうです

2日目も明け方に着きました
ダーリントンさんが アカラ という 豆が原料のおまんじゅう
4個で10ナイラ=5円を買って下さいました フ~~ン 変わった味

アイザヤさんは今回 採取した血液数十名の検査などで

毎日 夜遅くまで作業をして 翌日も明け方から検査です

本当に お世話になりました

 

MMSを飲む前に採血

採血後にMMSを飲みポジティブであれば翌日に再び採血

852

ビデオNO15
MMSジュース

MMSをジュースとして流通させれば マラリアの撲滅は早期に可能です0205

MMS Juice
When we get MMS juice (with a bottle as one dose) on the market, combating malaria could be much easier in terms of simple and effortless access. People could get it wherever a small shop stands even in mountain sides and remote villages, whereas usually malaria medications are available only at hospitals and pharmacies. When drinking this MMS juice which work even against drug-resistant malaria, you do not need to check which type of malaria, nor receive any medical check-up, which means that MMS juice could be an effective solution for overwhelming shortage of medical doctors and staff as well as medical facilities and appliances. People no longer need to spend half day or a few days in reaching the place where medications are available. MMS juices are also effective in coping with patients in recurrent situations in malaria prevalent areas.
I would sincerely ask your cooperation in our efforts to provide them with MMS.
The name of MMS originally represents malaria solution which was meant to serve small children and elders unable to buy malaria medications due to poverty, who die every 10 seconds.
Even the cheap MMS for rich countries do not reach the hands of most necessity.
It would be an enormous shame and disgrace for wealthy countries to just stand indifferently and not to share MMS with most needy people.

MMSジュース

このようにマラリア1治療分のMMS入りジュースを流通させることで マラリア薬などの薬品が病院や薬局などの限られた場所でしか入手できないのに対して 山奥や辺鄙な村にもある食品や雑貨などを扱うお店などでMMS入りジュースを飲むことが簡単にできるようになることで マラリアの撲滅を早めることが出来る このMMSのジュース化により 病院や薬局まで来れないマラリア患者が簡単にMMSジュースでマラリアを治療してしまうことで 医師の診断を受けて どのタイプのマラリアなのかを検査する時間と費用がかからず どのマラリア薬を必要とするのかを選ぶ必要もなく 耐性マラリアに対しても効果があることなどで 圧倒的に少ない医師や人員の不足を解消でき 設備や検査器具 いくつもの種類のマラリア薬にかかる費用を削減できます 何よりも これまで 病院や薬の手に入るところまで 半日や1~2日もかけて たどり着くことが出来 マラリアを治療しても また蚊に刺されれば発症してしまうマラリア多発地域に住むマラリア患者にとっては 重要な生存の問題であります

 

マラリアの人はMMSジュースのキャップを開けて飲むだけです

 

パペ村へは毎朝タクシーとバイクの移動でした パペ村に近づくと車がいつも渋滞しているので治療地まではバイクに乗り換えて行きます 早朝に採血や MMSを与え終わるとラボに行き検査します マラリアなどの病気が重くなり治療をする集会場まで来れない方にはバイクで往診に行きます バイクはちょい乗りでしたら40ナイラ=20円くらいで 滞在先から距離20キロくらい約40分くらいのパペまでは500~600ナイラ=250~300円です タクシーは乗る前に金額の交渉をします 大体の相場があるのですが金額の交渉をして決めてから乗り込むのが習慣のようです アブジャは片側4車線くらいある日本の高速道路よりも広い道路も多く平気で120キロくらいのスピードで走っていました サハラからの砂がこの時期は舞うらしく視界はいつも悪かったです

ビデオNO17
パペ・バイク(3分23秒~)
血液検査・往診

具合いの悪い人で 集会場まで来れない方には バイクで往診しました

 

 

ビデオNO18
アブジャ・車NO1
カルシ村・パペ村移動

ビデオNO19
アブジャ・車NO2

アブジャは大きな道路が多く 平気で120キロくらいで皆さん走っていました

 

マラリアを治すニーム

滞在先の近所の青年 リドワンさんと出会いニームによるマラリアの
アフターケアを話し合い 2人でナイジェリアのニームをなんとかしよう
と決めました 彼はナイジェリアを含めて世界の経済の不均衡を問題と
考えていて ニームによる日本からの支援を貧困層に役立てたいと
願っています

彼は翌日すぐに自分の庭からサンプルのニームを持ってきてくれました

現在 彼は ナイジェリア59のビジネス というタイトルの
Eブックを執筆中で もうじき完成するそうです 読んでみてくださいね
ridwan olanihun ridlan2001@yahoo.com

ビデオ映像のニームの木は幹線道路のもので葉が汚れていますが
日本へ発送するニームは 綺麗な場所にあるものをお送りいたします
*映像の中で リドワンさんの本のタイトルを間違えています
ナイジェリア59のビジネス  です
ビデオNO20
ニーム・ビデオ NO1

ビデオNO21
ニーム・ビデオ NO2

おまけ

リドワンくんに教会の日本人用ナイジェリア料理(辛くない)
を食べさせてあげました ハハハハハ

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=idLzsbLthZ0


今回の滞在でお世話になりました教会  毎日 朝から夜まで 賛美歌や神様の歌声の聞こえる
安らかなる 教会で過ごせたことを 心から感謝致します https://www.youtube.com/watch?v=_dkxZzSob7E

 

近所の散歩NO1

続編を作る予定です



2012年度 MMSマラリア治療活動のご報告は以上ですが

気がついたことや 他の写真・ビデオ等を時間のあるときに

アップしていきます また ご質問や ご要望がありましたら

お気軽に ご連絡下さい 090-9853-3063 石井まで
今回の治療活動では500名以上の方の治療とケアが出来ました

また 多くの医師や医療関係者にMMSを伝えることが出来ました

日本の皆さまの ご支援・ご協力を感謝いたします

特に 自分がいつまで生きれるかわからない 支援者の方々

1日も早くに MMSによるマラリアの本格的な研究を始めさせて

マラリア以外の病気への研究につながるように がんばります!

今後共 よろしくお願いいたします

MMS-JAPAN 石井 睦郎

https://mmsjapansite.wordpress.com/

お願いがあります

このマラリアを撲滅するための活動に資金などの支援をしてくださる

企業・個人・団体等の ご紹介をお願いいたします

私は世界の貧困飢餓を終わらせるためのマラリアの早期撲滅が可能な

このMMS療法による治療地を世界各地に作りWHOなどの認可に向けて

活動を広めていきたいと願っています

現在のところ死亡率の高い種類のマラリアの特効薬はなく10数秒に1人

とも言われる程にマラリアで亡くなる多くの子供達がいます MMSに耐性

を持つマラリア原虫は存在しません さらにMMSのジュース化が達成できれば

マラリアの撲滅は急速に早まります

継続したMMSのマラリア治療活動と治療地を増やす活動を行うことで

MMSが世界に認められることが早まります

どうか 世界数億人ものマラリアで苦しむ子どもや人々を救うための

この活動に ご協力をお願いいたします

企業や会社の方でしたら私を契約的に採用されてもかまいません

団体等の方でしたら私をメンバーにされてもかまいません

このMMSマラリア撲滅にかかる活動費は途方もなく小規模の資金でまかなえます

私はマラリアの撲滅を早期に達成させるために すべてを捧げる覚悟です

どうか よろしくお願いいたします

*************************************
アフリカは、マラリアによって毎年120億米ドル分のGDPを損失している、また、マラリアで苦しむ家族は、限られた収入の多くを治療に費やさなければならず、貧困から抜け出ることが困難となっている。更に、マラリアに感染した子供は学校を欠席がちとなり、その結果、貧困が次の世代に引き継がれてしまうことも多い。従って、貧困削減の観点からもマラリア対策に取り組むことが重要となっている。
http://subsite.icu.ac.jp/coe/icra/10katsuma.htmlより

Japan language translated into English
Just please help in translation

I am I do not know English

nqi48953@nifty.com

Please e-mail to Muturou Ishii

Best regards

It is a machine translation

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Malaria treatment
1day Over 95% of MMS treatment malaria negative

Photos, video microscopy, medical

microscopy glass slides

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

English
On The Mechanisms Of Toxicity Of Chlorine Oxides
Against Malarial Parasites – An Overview
http://www.vernisaj.com/wordpress/wp-content/chemistry/mms-mechanizm.htm

Thomas Lee Hesselink, MD
MMS-English
http://jimhumble.biz/15-malaria.html
MMS-Japanese https://bit.ly/2LSjT80

・・・・・・・

MMS-JAPAN
Volunteer staff:Muturou Isii
nqi48953@nifty.com
https://mmsjapansite.wordpress.com/
I do not know English
Read the translation machine

・・・・・・・・・・

http://141.txt-nifty.com/141/2012/02/mms-5aa9.html より転載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

MMSーJAPAN

I want to stop the world's starvation as soon as possible Treatment of malaria by chlorine dioxide therapy and guidance on sterilization of unsanitary water 二酸化塩素療法によるマラリアの治療と不衛生な水の殺菌指導

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中